FINECS
  • メニュー
社員紹介

先輩社員の声

塩村啓太

DESIGN

設計した機械が
うまく作動した瞬間が
一番の喜びです。
FINECS PEOPLE vol.1
時間をかけて設計した機械が
うまく作動した瞬間が一番の喜びです。
Q.ファインネクスに入社を決めた理由は何ですか?
A.小さい頃からものづくりが好きで、大学でも機械工学を専攻していました。就職活動でも製造業を中心に採用試験を受けましたが、内々定をいただいた会社の中で、パソコンやスマートフォン、車など、最も自分の身近なものに使用されている製品を作っている会社がファインネクスでした。それで、ここならやりがいを持ってものづくりに取り組むことができそうだと考え、入社を決めました。年間休日数が多く、社内を見学した際、工場が大変きれいに保たれていたことも決め手になりました。
Q.塩村さんは出身も卒業した大学の所在地も石川県です。富山県での就職に不安はありませんでしたか。
A.大学時代の友人も大勢、富山県で就職していることもあって特に不安は感じませんでした。富山の魅力ですか?やはり3000メートル級の山々が連なる立山連峰から水深1000メートルを越える富山湾に至る、変化に富んだ自然でしょうか。私も休日には友人と岩瀬浜に釣りに行ったり、富山名物として知られるホタルイカ漁に行ったりするなど、富山での暮らしを満喫しています。
Q.現在の仕事内容とやりがいを教えてください。
A.機械設計課に所属し、コネクタ組立機など、社内で部品を製造するための機械を設計しています。時間をかけて設計したり、組み立てたりした機械がうまく作動した時が一番うれしいですね。毎日、同じ作業をするということが少なく、いろいろな知識や技術を身に付けられる点にもやりがいを感じています。
Q. 入社してから印象に残っている出来事は何ですか?
A. 新入社員研修の一環として、全国の中小製造業が独自に作ったコマを持ち寄り、1対1で戦う「コマ大戦」に参加させてもらいました。結果は予選敗退でしたが、どのような形にすれば相手に勝てるのか、あれこれ考えながら設計するのが楽しかったです。また、当社では現在、車載部品の製造を強化するため、新型プリウスを解体、研究するプロジェクトに参加しています。どのように仕事に生かせるかは今後の課題ですが、何かものづくりのヒントを得られればと思っています。
Q.これからの抱負を聞かせてください。
A.まだまだ経験が浅く、例えば機械の調子が悪くなっても自分の力だけでは直せないこともあります。そんな時、頼りになるのは的確なアドバイスをしてくれる先輩です。私もその先輩のように多くの知識と技術を習得し、安心して仕事を任せられて、困っている後輩を助けられるような存在になりたいです。
  • 前の人へ
  • 次の人へ

エントリー

未来を創造するものづくりに、
発想力・アイデアを持って挑戦したい人へ。
深く技術を磨き、極めたい人へ。
最適な場所がここにある。
リクナビ2019
ICW 2019
募集要項はこちら